· 

この頃の想いとぶれない

大好評のキッズ料理教室!

参加人数の増加に伴い、公民館を借りて開催する事にしました。


教室で、一番大切にしていることは、『料理を楽しむ』という事です。

普段お子さんが料理を手伝いたいといっても、忙しくて一緒に料理できなかったり、イライラしたり怒ってしまう事はありませんか?



その気持ちは、よく分かります。


一緒に料理するのは大変だけど、でも、料理はさせてあげたい!と思っているママも多いと思います。


そんなママ達のために、キッズ料理教室を開催しています。


教室では、まずいくつかのお約束を子供たちとしてます。

・包丁や火は勝手に触らない

はもちろん

・ママが忙しい時は「やりたい!やりたい!」とママを困らせない

という約束もしています。

これについては、様々な意見があると思います。

・忙しくても子供のために一緒に料理をするべきだ!

とか・・・。



でも、実際の話、自分が急いで料理をしているときに子供と料理したって、イライラして怒るだけ。そんなイライラしながら料理しても子供も楽しくないどころか、料理が嫌になってしまうだけです。



なのでママ達にも

「無理をしなくてもいいので、気持ちに余裕があるときに思いっきりお子さんと料理を楽しんでください」

とお話しています。



その他にも、食材にたくさん触れたり、調理の途中で味見をして変化を感じ取ったりなどなど、食材への興味を育むような教室にしています。



また、他にもいくつか大切にしていますが、その中の一つに『待つ時間』も大切にしています。

料理には食材に火が通るまでの時間、味をしみこませる時間など、たくさん待つ時間があります。

その時間を

「はやく!」

と思うより、

「どんな味になっているんだろう?楽しみだな!」

と楽しいと思える時間にできるように、あえて、順番に作業して、待つ時間を作ったりもしています。
{4E0E2889-E583-46FA-9F30-920D72D052C1:01}


お友達がやっているのを見て学んだり、待つ時間に「美味しくなあれ!」と願いを込めたり・・・。


待つ時間を楽しい時間だと思えるようになれたら、料理自体が何倍も楽しくなれるし、自宅でママと料理する時も


「これ終わったから、早く次のをやらせて!」

と次から次へとやりたい!やりたい!と言う事も減り、ママも子供も気持ちに余裕をもって楽しく料理できるようになると思います。


その他にもたくさんの事を大切にして教室を進めていますが、保護者の方からは

・残さず食べるようになりました

・前はどんな時でも料理をしたいと言ってきて大変だったけど、今は楽しく料理できるようになりました


・嫌いな野菜を食べるようになりました


などなど、たくさんのうれしいお声を頂いております。



また、大きい子が小さい子のお手伝いをしたり、エプロンなどもみんなで協力して畳んだりなどの料理以外にもみんなで協力する姿が見られる教室です。