· 

H16・9 娘もご一緒させていただいています

ご存知の方もお見えですが、実はキッズ料理教室には私の娘も参加させていただいています。


娘の方から

「私もお料理教室にいきたい!」

と言われたときは、うれしい反面、公私混同になってはいけないと少し悩みました・・・。



でも、もともとは、

自分の子供を通わせたい!


と思える理想の教室を作りたいと思っていたので、娘にはよく言い聞かし、参加させることにしました。


6歳って親が思う以上にしっかりしているんですね。


私の心配をよそに


私の事を「せんせい」と教室では呼び、
「おかあさん」とは絶対に言わないですし、


私に質問する時も


「これどうしたらいいですか?」

と丁寧な言葉を使います。


正直、これほどまでにいろんなことをわきまえているとは思わず、娘の成長ぶりに驚きました。


こちらからカミングアウトしないと誰も親子とは気づきませんが
時々、娘も参加させていただいているので、どうぞよろしくお願い致します。



娘が教室に通うようになってから数か月経ちます。


教室ではよく子供たちに

「片付けもお料理のうちなので、みんなで協力してお片付けするよ」


「包丁やフライパンを使う事だけが料理のお手伝いではなく、テーブルの上を片づける、部屋を片付けることも料理のお手伝いのうちだよ」


と毎回教えていますが、その成果が少しずつ表れているのを娘を見ていて実感します。



私が料理をしていると、不意に


「あ!片付けも料理のうちだった」

と、部屋の片付けを始めたりする時もあります。



教室に参加してくれている子たちも、こんな風に習ったことを家で実践してくれているのかな?


実践してくれていたらいいなあ


と娘を見ながら思うこの頃です。