· 

H17・6 嫌いやけど食べてみる

今月のキッズ料理教室は、

 

ピーマン克服メニューを取り入れています。

 

ピーマンが苦手な子でも食べれるように、作業工程と声掛けに一工夫をして教室を進めています。

 

 

{CFCC9222-FC3F-4EC9-84B9-CD9491F89681}



 

今回11人中、ピーマンを嫌いな子が5人ほど。

 

 

でも、調理を進めていくうちに

 

「これなら食べてみよっかなあ」

 

という声がちらほら聞こえてきました。

 

 

{CB6679C8-750E-472D-B9A5-B29B1DBC16B3}

 

 

 

私たち講師もその声をきいて、

 

『うれしいなあ、きっと食べたら、おいしいって言ってくれるよね』

 

と心の中でワクワクしながら教室を進めていきました

 

 

さあ、試食です

 

みんなの様子を見ていると

 

「わあ!これなら食べられる!!!」

 

と5人中4人が完食です

 

 

{A703AB8F-C994-4CD2-9BB3-DFB0211727F9}


 

 

 

 

 

完食できなかった1人の子は、一口食べて

 

「おいしい!!!」

 

と食べたけれど、3口ぐらいで、

 

「やっぱりむりかなあ」

 

と完食できませんでした

 

 

でも、

 

「食べてみよっかな」

 

という思いや

 

「一口だけでも食べれた!」

 

という経験が自信につながります。

 

 

嫌いなものが食べれたときの子供たちの顔は本当にうれしそうで、見ているこちらも癒されます。