【食育】根負けするってそんなにいけないことなのかな

おはようございます。

 

 

 

食育エデュケーションカンパニーの小栗です。

 

 

仕事柄様々な本を読みますし

 

 

いろいろな方の情報を見るようにしていますが

 

 

先日気になったのが

 

 

 

『子供がお菓子を欲しがり、何をしてもダメで

 

そのままにしておくと3時間でも4時間でも泣くので

 

最後には根負けしてお菓子を与えてしまいます。

 

どうしたらいいですか?』

 

 

 

というお悩みに、様々な人から意見が寄せられていました。

 

 

 

 

その中にかなりの数見られたのが

 

 

『根負けするからいけない。

 

何時間であろうと駄目なものはダメだとわからせないと、

 

わがままな子供になりますよ!』

 

 

という返信。

 

 

 

あと、一貫性をもって育児をしなさい!

 

 

ということも書いてありました。

 

 

 

これを読んで

 

 

んー、否定はしないし確かにそうだけど、なんだかなあ

 

 

と思いました。

 

 

 

 

例えば、誰かを傷つける、とか

 

 

勝手にお店や人のものをとる、とか

 

 

危険なことをする、とか

 

 

人として絶対にやってはいけないものは、一貫性をもってダメなものはダメ!です。

 

 

 

 

でも、お菓子とかに関してはもっと柔軟でもいいのでは。

 

 

大人でも、なんだか疲れたときは甘いもの欲しくなりますし

 

 

ダメだとわかっていてもついつい何かを口にしちゃうことありますよね。

 

 

 

 

ご飯をしっかり食べたのに、なぜかすぐにお腹がすいてつまみ食いするときだってある。

 

 

なのに、子供はダメ!って。

 

 

 

そりゃあ、ご飯も食べずに、スナック菓子ばかり食べるとかは考え物だけど。

 

 

 

 

 

 

『根負けすると、泣けばなんでもしてもらえると思ってわがままになる。だから3.4時間であろうと根負けしたらおしまい』

 

 

という考えも、私は2人の子育てを通して

 

 

必ずしもそうなるとは思わないです。

 

 

 

 

 

私なんて、何度根負けしたことか。

 

 

 

確かに5歳ぐらいまでは大変です。

 

 

一度泣いたりただをこね出すと、何をしてもだめ、ということもしょっちゅうです。

 

 

 

でも、年齢とともに様々なことを体験し、覚え、成長していく。

 

 

だんだんと聞き分けもよくなってくる。

 

 

 

ご飯を食べない時期

 

食べ過ぎて困る時期

 

お菓子ばかり欲しがる時期

 

ワガママばかり言う時期

 

甘えん坊な時期

 

乱暴な時期

 

といろんな時期があって、そういう時期を経験して

 

 

親子で乗り越えて

 

 

親も子も少しずつ少しずつ成長していくのだと思います。

 

 

 

時期が過ぎれば

 

 

『あれ?今までのは何だったの?』

 

 

と思うくらい手がかからなくなる。

 

 

 

だから、子供がお菓子ばかり食べたがるのも

 

 

そういう時期

 

 

なのだとママがデーンと構え

 

 

絶対にダメ!と決めつけるのではなく

 

 

でも、子供の体のことが心配なら

 

 

ご飯を丸めてきな粉をまぶしたもの

 

 

蒸かしたサツマイモ

 

 

焼きリンゴ

 

 

バナナにヨーグルトをかける

 

 

など、スナック菓子ではないものを

 

 

「今はこれだけね。一緒に食べようね」

 

 

と親子で一緒に楽しめばいいんじゃないかな。

 

 

 

 

 

一貫性をもって育児をする

 

 

というのも、確かにその通りだけど

 

 

親も人間。感情に任せることもある。

 

 

信頼を損なうくらい矛盾な行動はいけないけれど

 

 

完璧な親にならなきゃ!

 

 

一貫性を持った育児をしなきゃ!

 

 

 

とがんじがらめになるよりも 

 

 

親も人間味があっていい。

 

 

 

 

感情に任せたり、言っている事が違ったとしても

 

 

ちゃんとあとで子供に 

 

 

『さっきはごめんね。お母さんちょっとイライラして、おこりすぎちゃった(いつもと違うこと言っちゃた)』

 

 

など、本当のことを子どもに説明し、謝り、心と心を通わせる。

 

 

言葉の意味はしっかり理解できなくても

 

 

表情とかで子供なりに理解しますよ。

 

 

 

 

 

 

 

子どもは家庭と言う小さな世界から色々な事を学んでいく。

 

 

 

冒頭の質問についても

 

 

ご飯が食べられなくなるからこれだけにしようね

  

 

食べたら歯を磨こうね

 

 

 

など、ある程度のルールを決めながらも、もっと柔軟に子育てしていいと思いますよ。

 

 

 

 

でも、誤解しないでくださいね。

 

 

 

 

間違っても、子供の言われるがままに

 

 

欲しいものを与え

 

 

何でも言うこと聞く

 

 

という育児をお勧めしているわけではありませんよ。

 

 

 

何事もほどほどに。

 

 

 

 

。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

 

【こんなお悩みありませんか?】

 

 

○子どもの好き嫌いをなんとかしたい!

 

○子どもに料理を教えたいけどどうしたらいいか分からない!

 

○子どもが料理を「やりたい!」と言うけどなかなか家で出来ずに困っている

 

○料理のレパートリーを増やしたい!

 

 

 

キッズ料理教室で解決できます!

 

 

 

【キッズ料理教室】

 

対象 3歳~小学生のお子さん

 

  

開催場所

 

岐阜県

○美濃加茂市山之上町

○各務原市鵜沼

○羽島郡岐南町

 

愛知県

○一宮市森本

 

 

詳細&開催日は下記をクリック!

 

キッズ料理教室詳細

 

 

 

クスパにてキッズ料理教室の残席確認•ご予約もできます。

 

料理教室検索クスパ

 

 

 

12月はお節&お祝いメニューです

 

 


 
 

 

 

 

 

  LINE@に登録していただくと、キッズ料理教室の案内や情報が受け取れます。

 

 

こちらにはどなたが登録したのかわからないので、お気軽にご登録くださいね。

 



友だち追加

 

 

。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

  

 

 

 

軽度発達障害をお持ちのお子さんや、付きっきりのサポートが必要なお子さんの為のクラスもあります

 

 

にじ色クラス詳細

 

 

 

にじ色クラスのブログもあります。

https://ameblo.jp/maronnizi

 

 

 

にじ色クラスの情報をご希望の方はぜひLINE@のご登録を

下記をクリック!(キッズ料理教室とは別のアカウントです)

 

友だち追加

 

 

まろん's キッチンは

 

食育エデュケーションカンパニーが運営する子供専門の料理教室です

 

ホームページ

 

 

 

ご予約•お問い合わせ