【食育】『本物の味を食べさせていないから』という言葉にモヤモヤ

 

おはようございます。

 

 

食育エデュケーションカンパニーの小栗です。

 

 

 

随分前の話ですが

 

 

知り合いが、お子さんの食が細く食べない事に悩み

 

 

町の栄養相談に行ったそうです。

 

 

 

 

 

そこの栄養士さんに言われたのが

 

 

『本物の味を食べさせていないから食が細いのよ』

 

 

という言葉だったそうです。

 

 

 

 

 

これを聞いて皆さんはどう思われますか?

     

 

 

 

 

『おっしゃる通り!ごもっとも!』

 

 

と思いますか?

 

 

 

 

 

 

私は正直モヤモヤしました。

 

 

もし自分が子育て真っ最中の時にこの言葉を言われたらショックを受けていたと思います。

 

 

 

『あなたの料理がいけないのよ』

 

 

と否定された気分になります。

 

 

 

 

 

 

 

確かに、昆布やカツオでとった出汁を使い

 

 

調味料も、無駄なものが一切入っていないものを使うのが望ましい。

 

 

 

 

 

でも、それができる人もいれば

 

 

できない人もいる。

 

 

 

 

 

どうしても、原材料にこだわった調味料は高くなるので、経済的にむずかしい人もいるだろうし

 

 

時間的に、市販のものに頼ってしまう時もある。

 

 

 

人にはそれぞれに事情があり

 

 

そんな中でも、みんな精一杯子育てを頑張っている。

 

 

 

 

特に今の世の中、一人で抱え込んで悩んでいるママも多いのに

 

 

それに追い打ちをかけるような言葉

 

 

特に、専門家の言う言葉は余計に心につきささり

 

 

ママを追い詰めてしまいます。

 

 

 

 

 

現に、その知人も、しばらく悩んでいました。

 

 

 



 

 

 

『小さいうちから本物を』

 

 

とよく言われるけれど

 

 

確かに感性を育てたり、食でいえば、味覚の幅を広げることができるので

 

 

時には本物を、と

 

 

ファミレスではなくレストランに連れていくのも良いかとは思いますが

 

 

 

 

 

普段から『本物を!』と、こだわりすぎる必要はなくて

 

 

時に市販のベビーフードを使ってもいいと思うし

 

 

自分のできる範囲で、子供の食事作りを頑張ればいいと思います。

 

 

 

 

子供が食べない理由は様々で

 

 

決して、本物の味じゃないから食べない

 

 

というわけではなく

 

 

小さいうちは、舌触りや食感

 

 

周りの雰囲気も大きく関係します。

 

 

 

 

 

それに、子供って色んな時期があって

 

 

この前まではあんなに食べていたのに最近食が細い

 

 

という時期もあれば

 

 

あんなに食が細かったのに、最近はよく食べる

 

 

という時期もあるし

 

 

好物もころころ変わります。

 

 

あれだけバナナを食べていたのに、全く食べなくなった

 

 

という話もよく耳にします。

 

 

 

 

体重が減るようではいけないけれど

 

 

食が細くても、体重が増え、順調に成長しているなら気にしすぎることはなくて

 

 

むしろ『なんとしてでも食べさせたい!』というママの気持ちを敏感に感じ取って

 

 

余計に食が進まない、ということもあるので

 

 

まずは、ママ自身が『食が細くても成長してるから大丈夫』

 

と心に余裕を持つこと。

 

 

 

 

そのうえで

 

 

食感や味付けを変えてみたり

 

 

食事の雰囲気を変えてみたり

 

 

子供にプレッシャーを与えない程度にいろいろ試してみてくださいね。