【キッズ料理教室れぽ】体験すべてが財産

 

こんにちはドキドキ

 

食育エデュケーションカンパニーが運営する

 

岐阜県美濃加茂市

岐阜県岐南町

岐阜県各務原市

愛知県一宮市

愛知県日進市

 

子供料理専門教室マロン‘Sキッチン一宮担当 小島ですキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月のレッスンでは、

 

ひらめき電球食べたら天むす!?1人1本 海苔巻きにチャレンジ

 

ひらめき電球出汁のもとに頼らないお味噌汁

 

ひらめき電球簡単美味しいチョコプリン

 

こちらの3品を作っています乙女のトキメキ

 

 

 

 

 

 

 

 

時間内で3品作るには手順や順番もとっても大事!

 

レッスンが始まる前は、あいさつの後全体の流れを確認していきますが、

 

 

 

 

 

子供たちと一緒に、

 

「なぜこのタイミングでこれをするのか」

 

ということを付け加えて説明したり、

 

場合によっては少し皆に考えてもらうこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

それをすることによって、

 

 

 

 

子供たちの中に

 

目には見えにくい衛生について考えるきっかけを作ってもらったり、

 

食材への知識や関心をひろげてほしいな、という思いが根底にはあります。

 

 

 

 

 

 

「ゼラチンは、冷蔵庫に入れてしっかり冷やさないと固まらない」

 

から、

 

「じゃあその間にどんな作業ができるかな?」

 

という風に考えてくれ、様々に次はあれやる!これやれる!と自分から頭を働かせるきっかけにもなりますグー

 

 

 

 

 

 

時間配分がきっちり取れると、

 

気持ちに余裕が生まれるので、

 

少し背伸びした作業や

 

難しい作業にむかう心づもりが出来てきますねハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お豆腐を手の上で切ってみる

 

エビの背ワタとりや殻むきをとってみる

 

 

 

子供たちにとってはちょっと難易度が高いですが、

 

理屈が分かって、

 

自分の手がどれくらい動かせるか試しながら、

 

1歩1歩進めていきます。

 

 

 

 

 

 

出来た子はもちろん、達成感から とっても素敵な笑顔でしたし、

 

食い入るように一生懸命私のデモを見てくれた小さな生徒さんは

 

いつかもっと上手になったらやる~と

 

教えてくれました照れ

 

 

 

子供たちが幼稚園や小学生のうちから

 

食べることに関心をもってくれて、

 

一生懸命作業をしている姿に

 

いつも心打たれます。

 

 

 

当たり前のように作ってもらって食べていた食事は、

 

作るのはこんなに色々な工程があって、

 

作る前には材料をそろえなくちゃいけなくて、

 

そして作り終わって食べ終わると後片付けもあるあせる

 

 

 

 

 

けれど、

 

自分で食材を選ぶ楽しさ、

 

作っている最中の食材の手触り、匂い、

 

新しいことに挑戦できる楽しさ、

 

皆でそれを分かち合える喜びなど

 

料理を通じて伝わることが本当にたくさんあります。

 

 

 

今年も、そんな気持ちを沢山皆と共有して

 

素敵なレッスン時間になるといいな、と思っていますピンクハート

 

また来月も、お待ちしていますね乙女のトキメキ